VOID


この作品を見る!






















この作品を見る!

  

購入者口コミ作者さん買いです。

ヒューマノイドと人間の恋。
攻めの過去に関わる人間の記憶などから作られた受けは、攻めには受け入れがたい存在。でも、だんだんと変化していく様がとても楽しく読み応えあります。

前半はねちっこいドsな攻めで、後半は溺愛すれ違い焦れ焦れで、おいしかったです!

購入者口コミかつて自分を兄の代わりにしたレンの記憶を元に作られたヒューマノイド アラタに刷り込みという形で懐かれたマキ。最初はレンへの負の感情をアラタにぶつけていたが、次第にレンと違うところを見つけては安心するようになる。自分に向けられるアラタの愛情は刷り込みによるものでしかないことを厭い、アラタに刷り込みの解除を施し..

座裏屋先生の迫力ある絵で描かれると映画を観ているような感覚になる。

攻のマキはレンの面影に苛立って意地悪してた間はあまりいい印象はなかったけど、アラタ自身を愛するようになってレンに踏み躙られた過去を知ると傷付けられたマキが可哀想に思えた。

エピローグのバードハウスを見に行こうとするマキをアラタが引き止めて誘うシーン、心臓がぎゅんってなるくらい萌えた。

購入者口コミ絵が本当に美しくて惹かれた一作です。
ストーリーはやや切なくて苦しい雰囲気ですが、とても美しく纏まっていると思います。
パラパラと気軽にというよりはゆっくりじっくり楽しみたい一作です。
ちょっとSFっぽい世界観が好きな方も楽しめるかなと思います。
購入者口コミ相変わらずステキな絵でため息が出ます。
まるで映画を見ているような気持ちで読みました。
全体的に切ない話しなのですが、温かい想いが芽吹く瞬間が見れて良かった。

最初の方は雑誌掲載の時に読んでいて、ずっと続きが読みたいと思っていました。
今回コミック発売凄く嬉しいです。

購入者口コミ紙媒体で買い逃してしまったので、電子書籍版を購入しました。
電子書籍で全年齢版でリリースするにあたり白抜き修正になったようですが、とくに違和感なく読めました。
内容としても、とても面白かったです。
すりこみ相手を一途に慕うヒューマノイドとその愛を受け入れない男。
主人公マキには何年経っても癒えない傷があるのですが、
その原因になった相手のことについてもう少し深く説明があればよかったかな?と思いました。

  

おすすめの記事