監禁倉庫5


この作品を見る!







この作品を見る!

  

購入者口コミ真人が留守にしている間に、監禁場所からの脱出方法を探る友也ですが、足に絡みついた太い鎖が邪魔をしていて身動きを取る事が出来ず途方に暮れます。
唯一引っかかったのが、年が記されていない8月のカレンダー。25日のところに印がついており、何か意味があるのでしょうか。そして疲れからウトウトしてしまった友也が、「真人」と呟くと・・・
やはり真人と友也の間には過去に何かあったようで、記憶をよみがえらせるために真人が強硬手段に打って出ます。
購入者口コミ勿論、足を拘束されながらの生活は続きます。やはり拘束されているから動くのも制限されていますが今回の図としては脱出ゲーム的な物だと思いましたでもこんな状況なら脱出は無理かなという感じでした。男の名前は「真人」男の電話の声からと聞いていました。
ただ男の名前を呟いていたらそれに対して男から問い詰められて犯されそうという展開でまた色んな意味で絶体絶命な感じです。
購入者口コミ過去を振り返るうちについ眠り込んでしまった友也。 焦って目を覚ましますが男が見当たらないことに安堵し部屋の状態をよく観察し始めます。 そして備品や部屋の作りからあれこれ推察し思考を張り巡らせます。 やがて男が帰ってきて身構える友也ですが、男はテーブルで黙って食事をとりソファでくつろぎます。 友也も警戒を解きぽつりとある一言を発すると男が急に反応し出す、といった内容でした。 果たして犯人たちの会話で出た真人とは目の前の男の名前なのでしょうか? それとも別の人物なのでしょうか? 次回で少し謎が明かされることに期待です。

  

おすすめの記事