ノンケの俺が、親友の前でうっかりたっちゃいまして。(2)


この作品を見る!




この作品を見る!

  

購入者口コミ今回は当て馬的な後輩が登場。司君はご機嫌ナナメでしたが、淳君のピンチには王子様的に登場して淳君に告白。めでたくお付き合いすることに。寡黙なイケメンの告白って、キュンとしちゃいます。
そしてお待ちかねの初エッチ。もう我慢できないくらい淳君を抱きたい司君が、それでも淳君の体を労りながら進めるのに応えるように、淳君も司君を気遣っているラブラブぶりにニヤニヤしてしまいます。司君が淳君の入り口を吸うと、淳君が思い切り出してしまうのを見てこれはと思ったら、初挿入の最初の一突きでトコロテン!自分でいじったときは痛くて勃たなかったのと大違いです。エロさと司君に突かれながら彼に抱きつく可愛さが同居していて、司君は堪らないでしょうね。フィニッシュのときもトコロテンなんて、これから先が楽しみです。
二人ともお互いに甘えて甘やかしていて、とても可愛かったので、満足度の高い読後感です。オススメです!
購入者口コミワンコみたいな後輩の出現で何やら不穏な雰囲気になる二人…でも惇のピンチにはちゃんと駆けつけてさすが!
ようやくお互いの想いを確認してあまあまえっちに。
司くんがもう惇にメッロメロで、惇にしか優しくないところがたまらないですね。
幸せそうな二人はもっと見ていたくなります。
購入者口コミきっと続きが気になるだろうと1巻と一緒に購入しました。
前作で、何となく成立した雰囲気がありましたが、お互い明確な言葉を伝えてないものだから、スレ違ってしまったり、高校の後輩まで間に入りこじれてしまいます。
受けの子だけでなく、今回は攻めの子も可愛いなぁと思える話しでした。

  

おすすめの記事